NPO法人学生文化創造
NPO法人の組織 学生支援相談 認定試験 若手職員研究会 研究会 書籍
進路等就職支援相談
ご案内
専任の先生紹介

座談会 テーマ「就職活動を振り返って」


 文部科学省は、2008年に海外からの留学生を、2020年までに当時の14万人から30万人に増やすことを計画し、年々受け入れる留学生の人数は増加しています。海外からの留学生の大半は、日本で就職し日本に長期滞在することを夢見て来日しているにもかかわらず、30%弱しか、その目的が達成されておらず、多くの留学生は夢破れて帰国をせざるを得ないという深刻な状況になっています。その最大の原因は、特に修士課程の就学目的で留学した学生は、まだ日本の事情に精通していない修士1年の6月ごろから就職活動に着手しないと間に合わない、しかも企業から要求されるレベルは日本の大学生と同等でなければならない、という事情にあります。私共は、その抜本的な解決は困難にしても、少しでもその状況を改善するために、平成29年度から海外からの留学生に対する就職支援活動を行っています。その支援活動の目指すところは、大半の留学生は、日本の企業や産業についての知識が乏しいこともあって、世界的に著名な大企業のみにしか目が行っていない、ということにありますので、日本の優れた小規模企業、中規模企業を彼らに紹介することに主眼を置いて活動を進めています。またこれらの企業は、若手の働き手の確保に苦労をしている企業が多いのでお互いにWin-Winの関係が成り立つものと期待をしています。私共の具体的な活動内容としては「個別の就職相談」のほか「企業見学会」「産業展示会見学会」日本の伝統文化を理解するための「文化施設見学会」、日本社会の実情の理解を深めるための、「社会人、留学生の先輩などとの懇談会」などを予定しています。



copyright ©2012 Gakuseibunkasozo. All rights reserved.